トップイメージ

キャッシングを受けるためには、キャッシング契約する企業の手続きの審査に申し込んで、そのチェックに通過する必要があるのです。78-14-91

行うキャッシング審査のだいたいの項目は、「弊社に過去に申し込んだことがあるか」「信用情報機関に個人記録が存在するか」「キャッシングサービスを受けようとしている人の年齢や年間の収入、過去の利用など」照会され、キャッシングサービスを承諾するかどうか、承認する際はどれだけのお金を融資するのか、など判断されるようです。78-17-91

審査にパスすることで、契約書などとキャッシングをするカードが送付され、はじめて全国にあるATMなどでキャッシングでの利用に入ることができるのです。78-9-91

新しく融資の受け入れを申し込む時点で知らせなければいけないことに、自らのこと、家族構成、住宅環境職業や勤務先について、といったことに加え、金融業者をいくつ利用したかも必要です。78-1-91

キャッシングの審査を受けるには、自らのプライバシーの情報を丸々晒すつもりで望むことが必要です。78-5-91

審査で書くことは、すべてキャッシングサービスの審査に影響を与えるものだと思っておきましょう。78-18-91

審査項目は、どの金融業者であっても、そんなに大きな違いがないです。78-11-91

消費者金融業界では、追記される審査項目の各項目を、「属性」と呼ぶらしいです。78-13-91

属性には、重視される項目と、されない項目があります。78-19-91

例を上げるとすると、人の名前だけでは、その人がどういう人間なのかということは分かりませんが、そこに年齢が追加された場合、ある程度予測をすることができるはずです。78-12-91

そんなわけで、「申込者の年齢」は重視される属性、「名前」はそうでない、さほど重要とされない属性ということになります。

このように、重要とされる属性には、その人がどういう人なのか推測できるものであること、及び確証が持てる属性となります。

そのようなものは、手続きの際重視されることが高いようです。

直接の年収というよりは、その人の年間の収入の度合いが推察できるような属性も注目されるようです。

生年月日や、仕事、住んでる期間です。

重要とされる属性には、必然的に確証が取れる、ものに限ります。

言い換えると、立証がないものにおいてはいうほど重視されません。

自分で申し立てのみで、確認が取れない項目は、重要とされることがないはずです。

サイトMENU

Copyright © 1998 www.rotaryclubibiza.org All Rights Reserved.