トップイメージ

WiiUの失速はWii末期の状態から解っていました。結婚式場 見学 予約

Wii末期といえば、セカンドパーティーが発売するソフトの本数が極端に減り、任天堂のソフトしか発売されなかった時期です。女性の薄毛治療

それは今のWiiUの状態と全く同じです。ラサーナヘアエッセンス

Wiiでは任天堂のソフトだけが売れる状態が続いたのも、セカンドパーティーが発売するソフトの減少に繋がったとも言われています。お尻まる見えフンドシっ娘の食い込みはイタズラし放題

お探しの無料 ゲームへ連絡をしてみてみましょう。

WiiUの低迷はハード面での魅力がないとも言えますが、確かにファーストパーティが強すぎると、セカンドパーティーは他ハードには無い、クリスマス商戦などのオイシイ時期にファーストパーティが発売するソフトに負けるという、マイクロソフトやソニーには無いリスクが浮き出てきます。

その他にも、任天堂は入力デバイスを変えすぎたというのもあります。

DSから3DSに上手く移行できたのは、タッチペン入力を2世代続けということもあります。

wiiからwiiUはリモコンからタブレット型のコントローラーへと変化しました。

しかし、それはゲーム開発会社からすると、Wiiのリモコンで培ったノウハウが使えなくなり、今度はタブレット型のコントローラーでの遊び方を開発するという面倒さは、プレイヤー側でも容易に予想できます。

Wiiでもリモコン操作をフルに使えて遊べるゲームソフトは一部のメーカーに過ぎませんでした。

さらに、そのタブレット型コントローラー向けに開発したゲームはマルチプラットフォームで使えないとなると、WiiUの苦境は当たり前だと感じます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.rotaryclubibiza.org All Rights Reserved.