トップイメージ

外為初心者の方が相場の勘所を探し出すためには、最初に学習を積む事が不可欠です。

とりわけ、先に危険性を気付くようにするようになるには、失敗を積み上げることも大切です。

ただし、間違いをするといってもやり直しが効かないほど大きな失敗をしてはいけない。

やり直しが効く間違いを数回積み重ねることが、結果的に自分の経験値を高めてくれるはずです。

そう考えるとまず最初は小さな額で売り買いをして、それで何回かちょっとしたミスをすることをおすすめします。

例えとして、100万円だけしか資金がない状況で深く考えずに全額使って売買すると失敗した時、再起できなくなってしまう心配があります。

それよりも、一例として10分の1ずつ小分けしてトレードを行ないこれによって失敗や成功を重ねた方が、マイナスを埋め合わせる方法なども習得するはずです。

最初は少ない額で取引する事のメリットは前述したように、自分の経験を増やしマイナスを管理する手段を学んでいく事にありますが同時に、売買の回数を増やして、危険性を削減する事ができるという価値もあります。

想定として、1回あたりの取引で勝率が5割だと考えます。

言い換えると、同じく50%の確率で損する危険性もあります。

勝率5割ということは。

半分の割合で勝利できる事を意味している。

だが、全ての投資資金を投資して1度だけのエントリーをするということは、はっきりとした勝ちか、負けのいずれかになってしまう。

それでは丁半バクチと同じ。

言い換えれば、全財産を賭けて1度だけしか勝負しないと、これでは負けるリスクが大きくなってしまいます。

これを回避するために、お金を全部つぎ込むのではなく、何回もに分けて、投資経験を多くすることがリスクコントロールとなります。

また少しずつに分割しても、全部に稼ぐ必要はない。

むしろ、勝てないのが実情です。

勝負で重要なのは勝つ回数ではなく、どれだけ利益を出すかです。

勝ち負けが同じでも、たとえ勝率5割以下でもプラスにする事は出来ます。

それ以上負けても損益がわずかであれば、わずかな勝ちのプラスの大きさで十分に儲けられます。

そのために大切な事は損を少なくして、儲けを大きくして忘れない事です。

損したら即損切りし、それとは反対に利益を上げられる場面では可能な限り大きく稼ぐ事が、外為取引ビギナーが外国為替証拠金取引で利益を上げる極意です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.rotaryclubibiza.org All Rights Reserved.