トップイメージ
フルタイムのパートを始めて間もない頃、1週間に一度くらいの割合で猛烈な胃痛に苦しんだ時期がありました。 育児、家事、仕事をこなさなければならないためのストレスが原因だと思いますが、痛くなるのはいつも朝方。 重い鉛を乗せられたような痛みで目が覚め、顔面蒼白と脂汗。 平の床うつ伏せになり、夫に背中を強く押さえてもらい、ようやく収まるのでした。 病院に行きましたが、体はどこにも異常がなくて精神的なものでしょうと言われました。 できたら仕事を休むか辞めた方がいいと言われましたが、仕事にやりがいを感じていた私は、その両方を断りました。 それならと抗不安薬を貰いましたが、気休めにしかならないだろうと飲みませんでした。 けれど胃痛は容赦なく襲ってきます。 ある日子供を連れて遊園地へ行っていて、そこで胃痛に襲われた時は目の前が真っ暗になりその場にしゃがみこんでしばらく動けませんでした。 心配した子供に泣かれ、心配げに遠巻きに集まる人々。 子供に泣かれた事が一番辛くて申し訳なくて、仕事を辞める決心がつきました。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.rotaryclubibiza.org All Rights Reserved.